セカンド女から「本命の彼女」になる、たった1つの方法。

 

 

世にはこびる「セカンド」という言葉。あなたは、どちらを思い浮かべる?

  • セカンド女?
  • セカンド体質?

 

 

 

私は、どちらも同じだと思っています。要は、在り方だから。だから、大好きな彼との間で何かがあれば〝どう在れるのか〟で行動もバレちまうからです。

 

 

たとえば、次の3つは、どの立場から本命の彼女になったとしてもあるあるでしょ。

  • せっかく、付き合ってるのか分からないグレーな関係から脱出したのに。
  • せっかく、大好きな彼の本命の彼女になれたのに。
  • せっかく、ちゃんと付き合おうって言ってもらえたのに。

 

 

 

「全然、本命の彼女って感じじゃない。」

 

 

  • LINEを送っても既読スルーされるし、
  • 彼から連絡してくれないし、
  • 彼のことばかり考えちゃって素を出せないし、
  • 不安にならなくなってLINE攻撃も夜中に電話もしないと思ったのに。

 

 

 

これじゃあ、付き合う前と同じ。
どうしたら、私が描く本命の彼女になれるんだろう。
もっと彼が追いかけてくれる彼女になれるんだろう。

 

 

それはね、「私は彼のすべての№1にはなれない」と覚悟することなんだよ。

 

 

いいか?
すべてだよ?
す・べ・て。

 

 

彼の〝何〟の№1を狙うか、です。

 

 

ちなみに私は元気なときよりも「しんどいときに隣に座ってほしくなる女」を狙っています。

 

 

こんにちは。
アラフォーからモテる女になる方法をお届けしている、平野あきです。

 

 

あなたの大好きな彼が仕事で出世を目指していれば、〝どう出世するか〟という方法を探し、そして選ぶ。

 

 

たとえば、「実績を積み上げる」。

 

 

Aの方法は「こつこつとまじめに実績を積み重ねる」
Bの方法は「上司に媚を売りまくる」

 

 

まず、Bね。媚を売りまくって出世していくなら、それは根が誠実ならほとんどが努力の結果です。上司に「君を出世させたい」と思わせてる。(できないからって恨むのはやめましょう。)

 

 

Aの方法のこつこつと実績を実績を積み重ねる道を選択しても、Bに遠からず。「君に仕事を任せたい」と思わせてる。

 

 

AもBも〝口説き落としたい相手が求めているモノを探し当てた結果の行動〟だとしたら?

 

 

毎日、取引相手の情報収集をし、研究し、分析、データ化し、そして、戦略を練る。そして資料を作り、プレゼンの練習をする。(これをわずか1分でできるスーパーマンがいたら教えてください。)

 

 

ちなみに、スーパーマンになれずとも、基礎が完成していると最短でできるようになります。

 

 

さすがに1分ではできずとも、あらかじめ、口説き落としたい取引先の会社のホームページ、会社パンフレット、関係者のSNS、掲載されている新聞や書籍を細部まで読み込んで、パーティでの挨拶の言葉からさらに情報収集して、実際の名刺交換や雑談で印象に残して、相手にもっと話しを聴きたいと言わせ、プレゼンや交渉に持ち込む。

 

 

もちろん、事前に、取引先が重要視している取引先や重要人物の情報収集もする。

 

 

これには根拠と忍耐、そして時間も手間も心も必要。なぜなら選んでほしいから。他の誰かにも僕が期待に応えられると信じてるし、信じてほしいを実現したいからです。

 

 

どちらの方法を選んでも、彼も歩むのは、実は、同じ。要は、在り方だから。

 

 

もし、ようやく初めてプロジェクトメンバーに選ばれた駆け出し(新米)なら、任されたことがどれだけ小さくても上司の期待以上の資料を提出し、信用を積み上げ、常にメンバーに選ばれなくてはならない。

 

 

常にメンバーに選ばれるようになったらあぐらをかくことなく、やはり大小関係なく提出し、信用から信頼を積み上げ、リーダーを任されるようになくてはならない。

 

 

リーダーに選ばれるようになったら威張ることなく部下や後輩に責任を押し付けたり言い訳は通用しないで、結果を出さなければならない。しかも、昔の僕のような新米メンバーに気を配り、レギュラーメンバー候補の後輩の成長を促さなければならない。そして、上司や取引先との架け橋も担う。愚痴る新米や後輩の呑みも付き合う。僕が上司にそうして救ってもらったから。

 

 

自宅に帰っても、彼女からのLINEより上司のLINEを優先するし、彼女とのデートよりも休日出勤して上司も後輩もいない職場で仕事の遅れを取り戻すために時間を使うし。

 

 

これは、AでもBでも考えられるって分かるでしょ?
要は、努力している姿をどの環境で出しているか。職場?通勤途中?自宅?頭の中でイメージトレーニング?

 

 

こんな毎日の中、疲労困憊の彼が「あなたの理想的な本命の彼女扱い」をしている理由は?

 

 

そう。「心ある癒しを与えてくれる人だから」。

 

 

「一緒に居てほしいと思うのは、誰よりも僕を理解してくれるから」。

 

 

これは、ゴロゴロを邪魔しないで、好物を作って、家事をしてほしい、マッサージしてほしい、八つ当たりしても受け入れて許してほしい、カラダを求めることを許して受け入れて満たしてほしい、じゃないから。

 

 

「僕を信じてほっといてほしい」という気持ちを理解してほしいんです。デート日まで信じて待っててほしいです。デートを楽しみにほっといてほしいんです。僕も「彼女を信じてる」が支えになるから。ある程度の落ち込み具合なら自力で頑張ってほしいんです。あなたの人生を僕以外でも楽しんでほしいんです。おい、僕の彼女よ。

 

 

出会って、アプローチする僕に応えてくれた頃のように「あなたの本命の彼女になりたい!を有言実行してほしいんだけどな、おい、僕の彼女よ。

 

 

どれだけモテててきて女の扱いがスマートな男性でも、本命の彼女には嫌われたくない。だから、会いたくない、でも、会いたいよー、なのです。だから、デート日まで想いを育ててほしいんです。僕の言葉や行動でいちいち不安にならないでほしいんです。赤の他人だからこそ信じ合えるふたりになれるように。な、僕の彼女よ。

 

 

一緒に住んでても同じ。信じてほっといてほしいんです。でも、唯一無二の応援団でいてほしいんです。僕が大好きなあなたが淹れるホットコーヒーが空っぽなのはおかわりがほしいのか、ほっといてほしいのかを誰よりも知っていてほしいんです。うたた寝していたら毛布をそっと掛けてほしいんです。口に入れやすい大きさににぎってくれるあなたの種のない梅おにぎりが食べたいんです。な、彼女よ。

 

 

だから、「私のことが好きなら○○してくれるはず!」なんて女は邪魔になるんです。だから、「僕と君がたくさん話しをする時間がたいせつ」なんです。ただ、それだけです。頼むぜ、彼女よ。

 

 

大好きな彼女のスーパーマンで居たいけど落ち込むときもあって余裕が無くなるときもあって、彼女を傷つけたくないから意識的に離れることを選択するときもある。だって、かまってあげられないから。な、彼女よ。

 

 

彼が描いている人生の相手は、彼が心あるからこそできる心許せる相手だからです。これって、本命の彼女だからです。で、あなたは、どんな本命の彼女を描いてんだよ?

 

 

結婚後、セックスレスになってからですよ、本当の夫婦の絆が決まるのって。だって、性欲ってお金と同じで本性が丸見えになりますからね。

 

 

ゲスやクズは、「私のことが好きなら○○してくれるはず!」を利用するから、サンドバッグを求めるし、性欲相手を求めるんです。(ちなみに、ゲスやクズは、女性起業家の不安な気持ちを利用するんですよ。ただただ、カモりたいからです。)特にBの方法でゲスやクズなら他人に丸投げして反感買うやろ?反感買わないようにサポートしたくさせてたらまだ誠実なのよ。

 

 

超忙しい彼があなたを本命の彼女と認めているなら、電話で暴言なんて浴びせないし、性欲だけ満たさない。そんな扱いしない。

 

 

すでに彼のサンドバッグや性欲相手になっている本命なのにセカンド女が「彼の本命の彼女」として認めてもらいたいならこの方法しかない。

 

 

「私は彼のすべての№1にはなれない」と覚悟すれば分かる。彼の〝何〟の№1を狙うか。

 

 

ただし、セカンド女の女性が「彼の本命の彼女」を狙っても、彼にとって〝その程度の女〟だったら、生意気に映って、フラれるかもしれないです。

彼に話しを聴いてもらえないのは、あなたの「飢え」がバレてるからです。

 

 

でも、本気で「彼の本命の彼女のように扱ってほしい」なら、全身をかけて戦いに行く彼に掛ける言葉は分かるようになる。だから、「この言葉」になるんです。

「あなたが頑張りたいときなんだよね。骨は私が拾うから死ぬ気で頑張って来たらいいよ。それまで会わないでおくね。死んだら他にいい人見つけるから安心して。」です。

 

 

彼が心動かされちゃう言葉を使って「本命の彼女」になるってこういうことです。

忙しい彼からあなたに連絡が来る魔法の言葉。

 

彼にとってセカンド女でも、覚悟を知って行動を見せられたとき、彼の心が動かされれば、あなたを見る目が変わります。じわじわじわじわじわじわじわと響いたから彼の心は入れ替わります。入れ替わった心を通すから行動が入れ替わる。

 

 

セカンド女が「彼の本命の彼女」を狙っても、彼にとって〝その程度の女〟だったら、生意気に映って、その夜、会いに来たからって抱かれたからって、それは叶ってない。

 

 

それはただの男の執着心たる行動です。

 

 

セカンド女を本命の彼女扱いしたくなって男性が戻ってくるときは、やっぱり、本気の行動です。

 

 

セカンド女に試されたり、復縁期待で別れを試したり、離れたりすることは勧めていません。突貫工事女がするお試し行為は、ただの無礼です。

 

 

だって、あなたもすでに無礼な扱いを受けてるでしょ?

 

 

彼を好きという気持ちも、ただの依存と執着かもしれないので、本気で彼の本命の彼女になりたいのか最初に問うのです。

 

 

 

 

だってサ~、あなたを本命扱いしてくれる男性が隣の席に座ってたらどうすんだよ?
スマホの画面をぶち抜く勢いで画面に釘付けだったら隣の男性を見つけられませんよー。

 

 

 

 

・・・セカンド女扱いがイヤならイヤとも言えないなら試さずに覚悟を見せるの。

 

 

それでも、あなたをセカンド女扱いするなら、さっさと見切って本命扱いしてくれる男性を探しに行ったほうが早いけどね。

 

 

アラフォーだからってセカンド女に成り下がる理由はないですよ?あなた自身であなたの価値を下げているだけでは?

 

 

お試し行為をするのではなく、駆け引きをするのではなく、椅子取りゲームを仕掛けるのよ。

 

 

男性は勝負がお好き。たった1席しかない、限定席は高値になるでしょ?あなたの本命の席を空ける。そうすれば本命の彼女の席を空けている男性が気づき、男性自身の本命の席を教えてくれる。お互い座れるんです。座ってくる男性を先に見つけて、席を空けようなんて・・・、

 

 

 

ムリです。

 

 

 

 

 

だって、本命の彼女を探している男性は、「僕をゲスやクズと比較するご都合主義女は相手にしたくない」からです。

 

 

 

 

セカンド女が本命の席に座れない理由です。
最初っから?途中から?どっちでもいいんです。

 

 

 

 

すでに、本命の席からはじかれてるんです。

 

 

 

 

いい人が現われたら別れようと思うなんてご都合主義で探していても、セカンド女扱いされている女の思考や言動や行動は、自分磨きしてないでしょ?本命を探している男性には重すぎてうんざりですもん。

 

 

大好きな彼が本命の彼女にしたくなる「自分磨き」とは、ずっと自分を自分で満たせる女です。理解しましょう。

一流が選びたくなる女は、美人でも学歴でも経歴でもないワケ。

 

 

だって、男性たちは、超本気だから。
だって、あなたもセカンド扱いしてくる彼に超本気でしょ?信じてたり信じたいからでしょ?ただ単に利用されるんだよ。

 

 

 

 

だって、セカンド女は何もかも目を閉じて観ないようにしてるから。だから、ご都合主義って分かるでしょ?

 

 

 

 

最近の男性たちの中には、家族をたいせつにしたい、子どもができなくても夫婦で居ようとする人が増えたのは、理由があります。赤の他人同士だからこその理由。

 

 

僕は君のスーパーマンやヒーローで居たいけど、無理なときがある。だから、「僕と同じような体験したことがある女性を選ぶ」。

 

 

だって、「無理しないでね!頑張ってね!」なんて軽々しく言う女には、「僕が頑張らなくちゃいけないとき、立場、タイミング」を理解できないって分かるから。

 

 

だから、〝どんな本命の彼女になりたいか〟が描けてない女が選ばれないのか分かるでしょ?

 

 

本命の彼女になってからその立場を続けなくちゃいけないのです。継続、継続、継続です。彼の情報収集、行動、我慢、忍耐です。だから、有言実行で継続する女性がたまらないからです。男性は戦っているときに必要なのは、支えになる彼女のひたむきなたくましさや強さなのです。

 

 

幸せになりたい覚悟と別れを言う覚悟は1つでいいだけ。だって、セカンド扱いされてしまうあなたの在り方からあなたが卒業すれば、本命の彼女へ入学できるよ、って話しだもん。まず、あなたの在り方を変えましょう。彼がすべて悪いんじゃないです。あなたにも原因があります。

 

 

彼のすべての№1にはなれなくても、心の№1になる。そのあとに待ってるのが、彼のオンリーワンです。

 

 

彼からのメールやLINEを一度読めば本命の彼女になれる!と思ってる時点でムリです。本気なら「どんな彼の本命になる!」を描いてから、宣言してから、彼の情報収集をはじめましょう。

忙しい彼からあなたに連絡が来る魔法の言葉。

 

たった2つの基準で見極められるんだけどね。

一流と三流を見極める方法は、かなり、簡単。

 

既婚男が本気なら、あなたと一緒になったときに陽の当たる道を少しでも増やすために正しい道を選びます。最初に向き合うのはあなたではなくそれまで支えてくれた奥さんです。彼には、付き合う前に乗り越えてもらわなくちゃいけないことがたくさんあるんだよ。でも、好きだから付き合っちゃうんだよね。

『既婚男は、あなたと男性の出会いを増やすために存在してるだけ、って話し。』

 

 

大逆転の女を目指してみる?
彼の本命の彼女になりたい!
大好きな彼から愛される女になりたい!
・・・ってか、なれるメルマガです。
※裏ブログのパスワードは、メルマガの特典です。

恋愛*無料メールマガジンご登録はこちら