一流が選びたくなる女は、美人でも学歴でも経歴でもないワケ。

 

 

それは、僕が女性より上に居たいワケじゃない。
女性と手を取り合ってたいから。

手を取り合える女性を守りたいから。

 

 

そんな男性がいる世の中には、
たいして美人でもないのに、すごい自信家な女がいる。
たいして可愛くないのに、すごい勘違いしてる女がいる。
たいして見られてないのに、すごい意識過剰な女がいる。

 

 

真のいい男は、この女性を選ぶことは、まずない。
なぜなら・・・、

 

 

成長している女が好きだから
なぜなら・・・、

 

 

一流の男性も成長しているから。
つまり、同類から与えられるエネルギーが必要なのだ。

 

 

だって、つまずくことが多いから。
失敗を「このまま成功すれば成功のプロセスになるんじゃない?」って笑顔で後押ししてほしいから。

 

成長しているステージが違っても、同じ道だから応援したくなるし、奮起するきっかけにもなる。

 

成長している人は、自分自身に期待をする
それは、限界を設定しないということでもある。

 

 

でも、何でもかんでも限界を設定しないと知らずに疲弊していることもある
だから、気づかせてくれる相手が必要。

 

成長期の人が耳を傾けられるのは、理解してくれている人
だから、誰と居るかを決めている
離れてても心は一緒に居る人。

 

だから、相手の痛みやツラさ、悔しさ、悲しさを、どう理解しているかが重要なの。
それは・・・、

 

 

性別関係ない。

 

 

自分自身をたいせつにしている人。

 

 

成長しているときは、その人の「適度な~」「無理をしている」が分かる。
なぜなら、自分も「適度な~」を持っているから。

  • 適度な精神の安定
  • 適度な集中力
  • 適度な自信
  • 適度な勇気
  • 適度な踏ん張り
  • 適度な距離感
  • 適度な考え方
  • 適度な投資感覚
  • 適度な勝負感覚

 

 

だからこそ、頑張れる。
だからこそ、勝負ができる。
だからこそ、期待ができ、制限をはずせる。

 

 

あなたは、どちらを選ぶの?

私の人生を私が生きているだけなのに、なぜ、口に出して言ってくるんだろう。

 

 

それは、私のことを心配してくれたり、期待してくれてるからだよね。

 

 

だから、心配させないように期待を裏切らないようにしよう。

 

 

あれ?
息苦しい。
私が私の人生を選べなくなっている・・・?

 

 

で、どうしたらいいんだろう?
誰にも嫌われたくないし、傷つけたくない。
私が息苦しくても、ガマンすればいい。

 

 

心が疲弊したり、身体がしんどくてやる気が起こらなくても。

 

結局、どちらかしかないことに気づく。

 

 

  1. 人の期待に応える私になるか。
  2. 私の期待に応える私になるか。

 

 

あなたは、どちらを選ぶの?

 

 

自分に自信がある人は、読まないで。

ここからは、私が恋愛でもビジネスでも一流の方々に選ばれる方法をお届けします。

 

 

こんにちは。
アラフォーからモテる女になる方法をお届けしている、平野あきです。

 

 

みなさんがご存知の通り、私は美人ではない。

 

 

ただ、コンプレックスを強みにして欲しいモノを手に入れている運が強い。

 

 

この運の強さは、コンプレックスが多いから。
挫折やコンプレックスだらけだから、ここまで来れた。
運の強さは、手に入れられる。
こんなこと言い放つ私が一流の方々に選ばれる理由は、きっと、あなたがモテるヒントになる。
だから、書いていくね。

 

 

批判するか、知らんふりするか。
どちらでもない、第3の男性との出会い。
それが、一流の男性。

たった1人の男性との出会いが、2人目、3人目を連れてくる法則がある。
だから、最初の1人に出会えばいい。
あとは、楽しみに待ってられる。

 

 

なぜ、この法則が手に入ったのか。

 

 

私が、小学3年生から中学3年生までブス呼ばわり&ブス扱いを受けてきたから。
20代前半でのすこぶる重い女になっての大失恋をしたから。

 

 

そんな私が、

  • 婚活パーティに行けば参加男性全員から指名をもらい、
  • 2017年には7名の男性から告白され、
  • 2018年には15歳年下の男性から告白され。

 

 

会社員時代には、

  • 秘書なのに、経営陣で秘書を兼務させてもらえたり
  • 秘書なのに、お客様に自社商品を買ってもらえたり
  • 秘書なのに、経営陣にプレゼンターとして指名されたり

 

 

覚悟をして起業再スタートしてからは、

  • 一流の方々からビジネスのご依頼をいただいたり、
  • 一流の方々から高額な成功法則を無料でいただける

 

 

どうして、こんなにも手に入ってるかって?

 

 

それは、私が私自身のコンプレックスを強みに変えたから。

 

 

私は、恋愛でもビジネスでも、魔法をかけてくれる一流を1人、また1人、手に入れた
で、モテるようになった。
で、選ばれるようになった。
そして、成功例を1つ、また1つ、手に入れてきた。

 

 

この小さな成功例を手に入れるために、必要だったのは、行動。
行動を起こすたびに、必要だったのは、勇気。
勇気を持てたのは、私が私を受け容れたから。

 

 

自分を、どう受け容れるか。
それで決まってくる、勇気。

 

 

だって、私の中で勇気を起こすのは、私にしかできないから。

 

 

この勇気、カンタンだしね。

 

 

だって、モテたいもん。
だって、選ばれたいもん。

 

 

そのために、人から茶化されたり、揶揄されようとも、

  • コツコツしかできないから本を読むし
  • 足を運ぶことしかできないから、さまざまな情報や知識が得られる人との交流会に参加するし
  • 成功し続けたいから、手に入れた知識や技術を実行し、改善し、また学び、実行を繰り返すし
  • 成長できてる実感が好きなだけだし
  • 女性に伝えて、幸せになって欲しいからだし
  • 成長してる共有をしてもらえて私も幸せだからだし
  • 一流の方々と出会っていきたいからだし
  • 一流の方々と過ごしていたいからだし

 

 

この考え方や方法が、私の人生に関係ない人にはスルーされてもいい。
私が、私の人生を歩みたいだけだから。

 

 

ただね、昔から、
人に伝えるときに曖昧だったり、無責任で居たくないのは変わらない。
だから、断りを入れたり、断わったり。
だって、私は行動を起こす勇気があれば、小さくても成功例が手に入るって分かってるから。

 

 

あなたが選ばれないのは、「突貫工事」だから。

失恋した相手との復縁をすぐ考えたし、
読みやすい女性著書の恋愛本の小悪魔テクニックや駆け引きしたし。

 

 

残念ながら、まったく通用しない現実

 

 

だって、突貫工事だもん。

 

●参考記事。

男性にマメさを求める女ほど、男性は遠ざかる。

 

20代の突貫工事で通用しなくて腐らずに軌道修正したのは、やっぱり、

  • モテたい
  • 選ばれたい

 

 

でも、現実では、モテてないし、選ばれてないから見直した。

  • 男性著書の恋愛本からスタートし
  • 一流の男性の本を読み漁って
  • 転職先で一流の方々の景色やステージを観させてもらえた
  • 昇給もしたし、真の価値が分かった

 

 

ま、ここまで書けば順調に見えるかもしれないけど、そうではない。
実際、どんなときも、初めっからうまく行かないことのほうが多いしね。
でも、手を出す勇気と決断の速さにブレはなかったよ。

 

 

だって、誰にモテたくて、誰に選ばれたいのか決めてたから

 

 

だから、一流の方々の考え方・行動心理、彼らが好むマーケティングやマンガやアニメ、ファッション誌やらスポーツ、あげくに、飲食店やBarも知れるし、投資やタイミングも知れるから、ブレずに選択できる。

 

 

実際に足を運べば、待っていたのは、新たな出会いだし。
出会いを通して、一流の方々のお話しを聴ける環境だし。

 

 

この時代と同じように、2017年起業しても、下請けが多くて、違和感やストレス、負担、不安がどうにも大きくなった時代がある。

 

 

私の答えは、選ばれたい。

 

 

過去の経験が役に立った。
選ぶ道、歩む道が迷わずに進めた。
そして、性別関係なく、一流の方に選ばれるようになった。

 

 

たった1個の武器。
恋愛でもビジネスでも使える。
会社員でも経営者でも使える。

私が20代の大失恋がきっかけで手に入れた、一流の方々を射止めるコミュニケーションスキル

一流の男性を射止めるコミュニケーションスキルとは。

相手が求める事を事前もしくはその場でリサーチ・分析・研究でき、準備し、与えることができるスキルのこと。

 

だから、美人じゃない外見が後押しになった。
年齢を重ねるだけで、信頼や根拠も勝ち取れるようになった。
つまり、若さ、容姿で手に入れられないということである。

 

 

だから、会わずとも、一流の方々は、ラブレターや在り方に価値に、おもしろさや未来を感じてくれる。

 

 

一流の方々は、すでに有名だったり、稼げている。
だから、無視してもいいはず。
それでも、有料のテキストや成功法則を無料でプレゼントしてくれる。
プレゼントし続けてくれる方もいる。

 

 

だから、私は、信念や想い・愛、教えの深さを知ることもできる。
そして、私が知ったすべては私の心・頭の中にあり、誰にも奪われることなく、私の価値になり、そして、収入になった。

 

 

そして、プロデュースやコンサルティング、ブログを通して、私が伝え継ぎたい人に伝えることができている。

 

 

実際に、先週末は、無料で、一流の方の学びを1時間15分過ごすことができた。
たくさん吸収し、そして、溢れ出す愛をカタチにするために、クライアントからのご依頼とコンサル生への情報・ブログで共有できたの。

 

 

無料をタダではなく、100万円以上の価値だと設定できないから、人から奪う。

ここまで書けば、私は挫折やつまずきが誰よりも多かったことを知ってもらえると思います。
だから、たくさんの勇気を持ち、たくさん行動して、たくさん手に入れて、今がある。

 

 

だからこそ、私の人生の出会いの中には、偽物の一流に出会うこともある。←ま、ホントに多いよ。
でも、私が見極められるのは、私が得意な傾聴をしているだけなの。

 

 

私がどう在りたいかと決めているので、傾聴しているだけでキーワードが拾える。
拾い方は、やっぱり、一流の方々を射止めるコミュニケーションスキル。

■一流の男性を射止めるコミュニケーションスキルとは。

相手が求める事を事前もしくはその場でリサーチ・分析・研究でき、準備し、与えることができるスキルのこと。

 

聴き上手がモテるって言うじゃん?
それなら、ただ聴くだけじゃなく、訊けるようになると一流の景色を観られる。
訊くには、過ごす時間の価値をあなたが設定すればいいだけ。

 

 

本音を隠しても選ばれないのは、本音がバレてるから。

真の一流も心を持った人間だから、完全受け身の女性を見つける能力は、さすがにない
(ま、興味が湧くかって話しだし)
ステータスだけを見て近づく女性に興味はない。
(付き合い始めたり、結婚したら、化けの皮が剥がれちゃうかもって話しだし)

 

 

やっぱり、成長している女に投資したくてたまらないのだ。

 

 

投資するモノがお金でも、ブランド品であっても、最後は、時間
もちろん、僕と過ごす時間。
そして、彼女が成長のために使う、ひとりで過ごす時間や人と過ごす時間。
だから、魔法をかける。

 

 

だから、魔法をかけてもらいたい。

 

 

ブスとか、美人とか、可愛いとか関係ない。
傲慢やプライド、完璧な私が優先されたら、即 アウトなだけ。
時間も言葉も、批判や悪口を言うモノではなく、人に愛や心を伝えるモノだから。

 

 

だから、毎日、コンプレックスを嘆くよりも、自身を褒めたほうが気持ち良くなってくるんだってば。
最初のうちはできなくても、少しずつ快感になるって。
ね?
なぜ、しないのよ?

 

 

そこいらへんの美人や可愛いだけの女が選ばれないのも分かるでしょ?
悲劇のヒロイン女が選ばれないのも分かるでしょ?

 

 

騙されないようにもなる。

いつの時代にもいるね。
自称 一流の俺

 

 

とにかく、チラつかせるね、未来像
俺の未来も然り。
俺との結婚も然り。
俺とのビジネスも然り。

 

 

だから、騙されちゃう女性も多い。
そりゃそうよ、できたら、付き合って、彼女としてキラキラさせてほしいもんね。
結婚して、親の期待に応えたいし、人に羨ましがられたいし、ラクさせてほしいもんね。
それは、人の期待に応える私を選んだからだもんね。

 

 

それが本音なら言えばいいんだって。
言えないから、つけ込まれちゃうんだって。

 

 

自信持ちなさいな。
あなたが選んだ道ならいいんだから。
だから、あなたの本当に思い描く〝関係〟を叶えてくれる男性を見つけないとね。
見つけてもらわないとね。

 

 

見極める方法は、誰の感情や欲求を優先しているか。

 

 

私が見極める方法をご紹介するわ。
私の年齢を知った自称一流男は、
結婚や出産について話し始めた。
辞めるか、休職(休業)するか?と選択を迫まった。
挙げ句、休んでる間は俺の事業を手伝えばいいよ、と決めてかかった

 

 

アホか、コイツは。
真の一流を知らないから、ほざけるのだ。

俺の欲を優先してるから、ほざけるのだ。

私を知らないから、ほざけるのだ。

 

 

一方、真の一流は、
起業した理由や目標を尋ねてくれて、経営者や経営陣の知識や景色を見せてくれたり、人脈を紹介してくれたり、結婚や出産育児にも安心できる環境を整えるために、どうしたいのか尋ねてくれているのだ。

 

 

つまり、

  1. モテない男性は、『すっごい少ない選択で迫る』。
  2. モテる男性は、『選択肢を広げてくれる』。

 

 

俺の浅はかさを露呈してるわよ。
お気をつけあそばせ。

 

●参考記事。

一流と三流を見極める方法は、かなり、簡単。

 

 

常識と普通が、100点満点の女。

私は、バツイチ独身で、子どもも産んだことないから、0点だろうよ。
でも、その常識・普通が、私には息苦しくて楽しくない。

 

 

だって、どちらかしかないことに気づいてるから。

  1. 人の期待に応える私になるか。
  2. 私の期待に応える私になるか。

 

 

私の期待に応える私になる道を選んだら、私がたいせつにしてる人に寄り添えるようになる。

 

 

どんどんできるから、「あの人、ちょっと変わってるよね」って言ってもらえることが快感になった。
だって、起業後のビジネスにつながったから。

 

しかも、邪魔されたりすることも少なくなり、私の好きなようにしたい時間も環境も手に入ったし。

 

 

この私をどう思ってるかなんて、相手の話しや在り方・行動を観察していればだいたい分かる方法でもあるね。

 

 

最後に。

私が推奨している幸せになる方法。
コンプレックスを表に出して行けば、あっという間に手に入れたい一流に出会える。

 

 

ブスでも、美人でも、可愛くても、若くても、婚姻率1%でも、どう在りたいか。
「完璧な私」と思ってるより「最下位の私」のほうが未来に行きやすい理由。

 

 

勇気を持って行動起こしてみる?
どうする?
あなたの人生だよ。

 

 

確かに、協調性や和を守ることも必要だと思うかもしれない。
どちらの道を歩むと決まってるから、あなたの未来は決まってるんだよ。
ただ、それだけだよ。

 

 

たくさんの先駆者が伝えているあなたへのエール。
私の想う気持ちもあなたのエールになったら嬉しく思います。

 

 

・・・で、表の顔ではこんなブログを書いているのサ。
あなたのエールになれたら嬉しい。

他の道を選べない「決断」は、一番、ラク。