ケチで薄っぺらい行動と言動しかできない原因は、たったひとつ。

 

 

相手の男が、恋愛に真剣なあなたに対して、ケチで薄っぺらい行動と言動しかできない原因。
それは、俺以外を幸せにできないからです。

 

 

本日の記事は、恋愛だけでなく、ビジネスの世界にも生息する「下心満載男」を見破る方法でもあります。
これは、「あなたが選ばれる方法」にもつながります。
じゃあ、詳しくお届けしますね。

 

 

こんにちは。
アラフォーからモテる女になる方法をお届けしている、平野あきです。

 

 

先日、クライアントが衝撃の事実を教えてくれました。
こちらのブログは、裏の顔。
ロックでファンキーを盛りだくさんでお届けしている。
だから、ロックでファンキー溢れる衝撃な事実だった。笑

 

 

「ひらのあき ブログ」ってyahoo!検索すると・・・、

 

 

・・・検索結果に、
表の顔のオフィシャルサイトと、
裏の顔のオフィシャルサイトが前後に並ぶ!ということを。

 

 

この2つのオフィシャルサイトが並ばないようにしてたのに。
まさかの、並んじゃったっていう。笑

 

 

並ぶなら、

  • 表の顔は、オフィシャルサイト(Wordpress)が検索上位に
  • 裏の顔は、アメブロが検索上位に

なるようにしてたのになぁ。

 

 

表の顔の名前は、漢字。
裏の顔は、ひらがなにしてたのになぁ。
※カタカナ時代もありました

 

 

だから、「ひらのあき」ってひらがなで検索して、表が検索結果に出てきたとしても、表と裏のオフィシャルサイトが検索結果が前後に並んじゃうなんて。ウケる。

 

 

まぁ、ぶっちゃけ、裏の顔を本名と顔出ししている時点でいつかはバレると思ってたけど、まさか、前後に並んじゃうとはね。

 

 

私は表の顔のビジネスを通して関わっている一流の方々、もちろん、プライベートでお会いしている方々とのやりとりを裏の顔で(ブログで)ぶっ放してるっつこと。あは。

 

 

ただ、たいせつにしている人との約束は守ります

 

●関連記事。

SNSにアップしないのは、大切なモノが存在しているから。

 

 

裏の顔でロックでファンキーにぶっ放せるのも、しっかり稼げているからこそで。
しっかり稼げているのも、表の顔でロックでファンキーが軸になってるわけで。

 

 

ま、どっちも私ってことだな。ぐふ。

 

 

どちらの私もロックでファンキーでいられるのも、ときどき、クライアントや読者の方からいただくラブレターの中にあるお言葉のおかげ。

 

 

たとえば、「あきさんのブログはWeb広告がないのでとても読みやすいです」。

 

 

きっと、他の方のブログで勉強しておられるんでしょうね。
(あー、ホントに素敵ね!私も、もっと頑張ろうって思えるよ。)

 

 

そうです。
読者の方の中にもご存知の方もいらっしゃると思いますが、アフィリエイトという「Web広告収入」を私は一切やっておりません。

 

 

 

 

だって、表の顔でも裏の顔でも稼げてるから。

 

 

 

 

まぁ、アフィリエイト(Web広告収入)に興味がない・あるというより、

  • 読者が読みやすいか?
  • 私の文章が伝わって幸せになれるか?
  • 読者はどう感じるんだろう?

 

 

読者の方を軸に考えて、アフィリエイトしないを選んだということです。

 

 

もちろん、広告を貼る場所によっては、恋愛の話しや旅の話しをして、出会い系の広告や旅行会社の広告が出れば、読者の方にとっては、ラクに他のサイトに行けるっていうのもあるんですけどね。たしかに、この方法でも稼げるんですけどね。

 

 

・・・ま、私は選ばないです。

 

 

選んでいると言えば、ビジネスでつながっている方同士をご紹介することですね。
(〝ご紹介〟する方法はさまざまありまっせ?イヒヒヒヒ)

 

 

そんな私の独自の考え方やコミュニケーションの取り方は、表であろうと裏であろうと、クライアントにもコンサル生にも、塾生にも好まれることがほとんどです

 

 

ただ、私って、とても非常識
だって、ロックでファンキーだから。

 

 

でも、まったく、失礼にはならない。

 

 

なんとまぁ、不思議な世界なんでしょう。
いいえ、お相手の方々が寛大なのでしょう。
きっと、おもしろがってくださっているのでしょう。

 

 

 

 

〝私〟を観てくれてる証しでしょう。

 

 

 

 

たとえば、クライアントから、オンラインショップの商品説明文のご依頼をいただいたとき。

 

 

まず、クライアントが目指す未来を聴きます。
そして、効果や結果を答えます。
デメリットも伝えます。
そして、訊きます。
商品に関わった方々の話しを聴かせていただきたい。」と。

 

 

で、質問します。
私がインタビューをしたい、営業の方にも、バイヤーの方も、Web関係の方も、カスタマーの方々にも。

 

 

たとえば、
「これは、新商品ですか?それとも、過去に一度でも販売したことや、改良商品ですか?」。

 

 

昨年も売り出している商品なら、

  • 昨年購入いただいたお客様への商品説明
  • 初めて購入するお客様への商品説明

この2つの視点をどう盛り込むか。

 

 

一緒の文章もあれば、違う文章も必要です。
ただ、共通しているのは、安心して購入してもらうってこと。

 

 

だから、もちろん、購入して試着させてもらいます。

 

 

そこには、本気で聴き、本音で訊き、試した私の感情をたいせつにすることで、その先に「私だから書ける」があるからです。

 

 

この私の姿勢や在り方をきちんと理解してくださるクライアントとビジネスをしています。

 

 

インタビューには、みなさんの熱い想いを聴かせていただけるので、一流の方々に対するコミュニケーションスキルは、めっちゃめちゃ役に立ってくれます。
もちろん、それぞれの立場でのお話しが聴けるので書けることが多すぎで嬉しい悲鳴です。

 

■一流の男性を射止めるコミュニケーションスキルとは。

相手が求める事を事前もしくはその場でリサーチ・分析・研究でき、準備し、与えることができるスキルのこと。

 

 

●参考記事。

連絡してきた元カレと復縁してうまく行く方法。~シークレットお茶会開催レポートも。~

 

 

この在り方を貫いていたら、このクライアントから、2019年に入り、4月の社員研修の講師のご依頼をいただいたのです。

 

 

なぜか分かります?

 

 

それはね、私のインタビューで貫いていた、安心して購入してもらうってことを通して・・・、

 

 

 

 

従業員の方から「安心してお客様にご案内できるようになりました」という声をいただき、

 

 

 

 

さらに、これがクライアントの耳に入って、クライアントが答え合わせができたからです。

 

 

 

 

あー、私の評価を第三者の方が表してくださった瞬間だし、私が当初、クライアントに伝えていた効果の結果です。
デメリットが結果を上回るという結果です。
※今回のデメリットは、インタビューに時間が必要ってことですね。

 

 

2019年になって、私は、ご紹介や口コミを通じて、ビジネスにつながることが多くなってきています。
本当にありがたいことです。

 

 

だからこそ、お断りすることも多くなってきています。

 

 

ごく稀にですが、お相手が敬遠していただくように仕向ける場合もあります。
日本人が言いにくいことを軸にして、お伝えすればカンタンな方法なんで。

 

 

それは、

  • 著作権
  • 肖像権
  • 金銭(売上分配の割合、出演料、印紙、支払や振込方法)
  • お客様が体験する効果の確認
  • お客様への提供内容

など。

 

 

だいたい、この話しをすると、自己中な本音調子いいことしか言えないし、避ける傾向になる。
なぜだか分かるよね?

 

 

「水掛け論」を避けるために、メールで伝えるし。←LINEじゃないよ。

 

 

恋愛でも同じだから書きますが、恋愛でも、ビジネスでも、そうだけど、スタートするときはイイことしか見えないことが多く、勢いや感情でスタートすることが多いんだよな

 

 

だからこそ、私は、恋愛もビジネスも簡単にスタートしないようにする。
人には、慎重派と映りやすい。

 

 

だけど、恋愛でもビジネスでも、慎重=しっかりしている=信頼できるを表すことでもあるんだよね。

 

 

つまり、相手によっては、しっかりしている=カンタンじゃないで映すこともできる。

 

 

だから、私は〝同じ在り方〟でいい

 

 

恋愛相手だと、男性の話しを聴いているだけでいい。
もし、男性が話しにくかったら、趣味や仕事を訊けばいい。

 

 

趣味であればハマってることを通して休日をどう過ごしているか観えてくるし。
仕事であればどんなことを頑張っているかを通して残業や休日出勤が観えてきたり。

 

 

これをきっかけに、男性が避けているキーワードを拾うこともできる。
あなたの頭の中で整理すればいいだけ。

 

 

ただし、決めつけてはダメよ?
もちろん、訊いちゃダメよ?
男性が避けているならあなたが触れちゃダメ。
しんどい仕事の話しをしているならあなたに必要なのは穏やかな傾聴と相槌。

 

 

もし、紹介してくれた人や幹事、男性の親しい人や毒舌の人がいれば、なおさら、その人の人間力を訊けばいい。

 

 

本人が話す自己評価よりも観えることもある。
もちろん、本人と評価した人との人間関係もね。
ただし、決めつけてはダメよ?

 

 

ね。
これは、ビジネスにもあてはまるのよ。

 

 

だから、恋愛でもビジネスでも、お互いがたいせつにしているモノが違うなら、歩み寄れるか、合わないなと離れるだけ。

 

 

私は、つねづね、お相手の話しを聴くことを軸にしているので、お相手が観えるのも分かるっしょ?

 

 

どれだけ、オイシイ話しをぶら下げられても、一切、惹かれないし、むしろ、ドン引きするのです。

 

 

安心してください。
お相手も、コイツ、とにかく合わねぇと感じてくれます。

 

 

だから、あえて、断わらなくても、断わってきます。
だからって、あなたが勝負にこだわることをしなくていいです。

 

 

恋愛も、ビジネスも、自分以外との勝負ではないので。
勝ち負けではないからね。

 

 

「断わられる=フラれる」と、思うから、感情に覆われるんでしょ?
捨てろ、そんな感情。
アホらしい。

 

 

だいたい、勝ちや負けにこだわってるヤツほど、たいしたことないから。
だいたい、上下関係にこだわって上で居たいヤツほど、たいしたことないから。
だって、そこに、平和がないでしょ?
一流の人って、穏やかだから。

 

 

金持ちケンカせずって言うでしょ?

 

 

私は、お相手の話しを聴いていたり、行動を見ていると思うのです。
この方は、ご自身以外の誰の未来を幸せにしたいと思っているのだろう。」って。

 

 

 

温かな心を通して観るからこそ、答えが出てくる。

 

 

 

 

いいか?
軽蔑した心、偏見な心に通して観るんじゃないぞ?

 

 

 

あなたの条件にあてはまる男性を見つけたいなら、何よりも先にあなたの条件のクオリティを上げなさい
そのために、あなたの在り方を上げなくちゃね。

 

 

これは、ビジネスだけにもあてはまるけど、恋愛でもあてはまるのです。
あなたが出会った男性は、僕以外に誰をどう幸せにしたいと口にしてる?
そのときの表情は?
そのときの行動は?

 

 

名刺を渡されて、ずっと、企業ブランド、肩書き、稼ぎ、人気などの自慢話を楽しく聞いてるの?

連絡先を交換したら、ずっと自撮を送られてきたら嬉しく見てるの?

 

だって、私は、表の顔でこんなことを書いてる。
私は私が幸せになるのは、一緒にいる人が〝どう重要かって決めてる〟からこそ。

 

●参考ページ。
※長文なので読む方はご注意。むしろ読まなくてもいいです。

プロフィール

 

 

こういう話しをすると、一緒にビジネスをしない人の条件がいかに重要なのかって話しになる。
もちろん、恋愛したくない人の条件も設定できる

 

 

私が一緒にビジネスをしない人の条件のひとつに、「お客様が得られる効果を話せない人」ってのがある。
これが恋愛相手なら、あなたはどんな条件にしてる?

 

 

私は、私をどう幸せにしたいかってことを話せる人。
そして、私の本音丸出しの質問に答えられる人。
もちろん、応えられる人。

 

 

だから、こちらにもあるパーソナルプロデュースや単発のコンサルティングのお申し込みをお断りする条件も同じ。
自分中心で話しをする人はお断りです。
だって、未来が観えないから。

 

 

だいたい、そんなにアピールするなら、すでに、需要があるはずでは?
私より若くて美人な女子たちからモテるのでは?

 

 

常識があふれる世界で、〝私〟を選ぶから分かっちゃうの。
どれだけモテないか、モテてるか。
どれだけ選ばれてないか、選ばれているか。
だから、どれだけ稼げてないか、稼げているか。
そして、どれだけの人柄や器なのかって。

 

 

それは、どんな人と一緒にいて、幸せにし合いたいと思ってないから観える未来なんだよなぁ。

 

 

かっこよく語っている口元を観るたびに訊きたくなる。

 

 

・・・そのプライド、何の役に立ってるんですか?
気持ち悪りぃ。

 

 

私は、表でも裏でも、ブログを通して、出会いたい人も、どんな人にどう映って欲しいとか、軸を持って書いてる。

 

 

ブログを書くことは、メリットはあっても、デメリットはあんまりないなぁ~と思ってるから。
特に、私が勉強したことや経験したことや信念・たいせつにしていることとかね。

 

 

だから、

  • 稼げるようになりたい
  • 有名になりたい
  • アフィリエイトでお小遣い稼ぎをしたい
  • 誰かの役に立って幸せにしたい

とか、いろいろ思うところがあったらブログを勧めてる。
なぜなら、ブログだけじゃなく、どんな場所だとしてもどんな内容かで判断できるから。

 

 

だって、自分をアピールする場所じゃないもん。
そうすると、他者承認欲求は不要だって理解できるはずだし。

 

 

でもね、残念ながら、在り方がないから、話すことが偏るからネタがなくなるし、書けないし、続けられなくなるんだよね。

 

 

自分以外の人を幸せにしている?
人を幸せにしてることを行動してる?
ちゃんと、味わってる?
体感してる?

 

 

まだまだ!って奮起してる?
足りないことを分かってる?
足りないことを勉強してる?

 

●参考記事。

アピールは、話すことで失敗する。

 

 

たとえば、私にとってのブログの存在意義ってね、

  1. ブログを訪問する人は、必ず悩みがあって、本音を検索ワードに入れる。
  2. たくさん出た検索結果をひとつひとつ見ていく、読んでいく。
  3. 悩みに対する解決策が書いてある。
  4. 実際に行動してみる。
  5. 良い結果を経験する。
  6. また、読みたくなって、訪問してくれる。

 

 

1~6を歩んでくれて、ようやく、「このブログを書いている人は、どんな人なんだろう。」なんじゃないかなぁと思っているの。

 

 

だから、もちろん、私に興味が湧かない人もいるでしょうよ。

 

 

だから、

  • 平野あきに会ってみたい!とか、
  • 平野あきに相談してみたい!とか、

よりも読んだ人が勇気を持って行動を起こして結果を得て恋愛を成就して幸せになって欲しい!がたいせつだもんね。

 

 

人によっては、終止符を打てて、次の恋愛に行けるとか。
ひとそれぞれの恋愛や人生が重要であって、どんなブログを届けるかって真剣に考えてます。

 

 

だから、私が何をブログに書くかがとても重要で、ブレない

 

 

 

 

そんな私が、自分以外の人の幸せを具体的に話せない人に惹かれるわけないだろう。

 

 

 

 

恋愛を、安く観てんだな。
起業を、軽く観てんだな。
女性を、雑に扱ってんだな。
もっと、ブログを書くぜ。
もっと、頑張ってやるぜ。
検索結果で前後に並ぶなら、どんどんやって行くぜ。
表とのリンクもつなげまくるぜ!
熱い想いもどんどん書くぜ。

 

 

 

だからこそ、一流の男性を落としたいなら、上っ面な文章じゃダメとも言うの。
だからこそ、大好きな男性から返事がないのも返事のひとつだよとも言うの。

 

 

私が、ビジネスで、一流の人から「会ってみたい」とお返事が届くのは、たった1通に愛と心と魂を込めているから。お相手の立場に立って考えられることができるから書ける。だから、LINEじゃなくメールを使うのです。そこに既読とか未読よりもたいせつなことがあるから。

 

 

恋愛でも同じ。
あなたが信念を貫いて、心を込めて送った1通に男性から返事がないなら、僕と君は幸せにならないって答えなんじゃないかな?

 

 

それは、合わなかっただけ。
相手の男の目的によっては、俺だけが快感を得たい!なら、そんな男に執着する時間より、次の恋愛に行けばいいんじゃない?
あなたの条件にハマってるハイスペックだから手離したくない!恋人になりたい!って執着されても、男性は次の恋愛に行くんじゃない?

 

 

あなたが一流だと思えるなら、心込めて聴けばいいし、訊けばいいし、書けばいい。
あなたが安心する行動を男性が起こしたくなるように心を込めろ。

 

 

私を選んでいるクライアントやコンサル生が、表舞台に立っている人であっても、私はまったく変わらず厳しいことを言う。
もちろん、表の顔でも、裏の顔でも同じ。

 

 

だって、選んでくれた人を幸せにして幸せになるんでしょ?
選んでくれた人に効果を提供してお金をいただくんでしょ?

 

 

ほとんどのクライアントやコンサル生がブログにつまずく。
目的が起業であっても、一流の男性と出会うためであっても。
私は、「ブログというものは、ただやみくもに書けばいいってもんじゃない」と徹底的に文章術も寄り添う文章スキルを分かりやすく、ちょこっと無理したらできるようになる指導をしてる。

 

 

そして、それ以上に、つまずいたその人の心の伴走者になることを徹底して行動に表している。

 

 

ブログの読者の悩みにいかに寄り添い、解決策を提示し、行動に移してもらい、結果を得てもらうか。
こういうブログを書いてもらっているからこそ。

 

 

ありがたいことに、法人のクライアント、コンサル生、塾生にご指名いただいて、満席にできる講師の私なので、私が一緒にビジネスを決めるときは、離れていても、明日も一緒に居たくなる人です。

 

 

だって、同じ想いや考え、信念だもん。

 

 

私は、肩書きやキラキラしているモノに興味はない。
私が惹かれるのは、その方の在り方や考え方です。

 

 

だから、頼んじゃいねーのに、求めていないのに、すぐ名刺を渡してくる男や、俺の話しばかりの男が苦手です。もちろん、女もね。

 

 

・・・何をアピールしたいのか大体分かるのよねぇ。
・・・何をだいじにして欲しいのか大体分かるのよねぇ。
・・・名刺に限らず、相手が渡してくるモノで分かるのよ。

 

 

だから、すでに関係が進んでいたとしてもただ観てるだけで、お金や恋愛・人間関係にだらしなさや汚さが観えたら、即 さよならしないと描いた未来が手に入らないことが分かってくる。

 

 

その人を通して、私が手にした人やお金が、次の人もお金も運んで来て、つないでくれると思ってるから。
断ち切るのは根源からって思ってるから。

 

 

自分以外にたいせつで心から幸せにしたい人がいない人とは合わないから。
自分のプライドや、立場や、映り方しかないなんてね。かっこ悪りぃ。

 

 

・・・っつっても、そういう人たちは、きっと、これも読まない。
読んでも、自分のことじゃないと思う強さをお持ちです。

 

 

それなら、出会いたい人に出会えるブログを書くでしょ。
ラブレターを書くでしょ。
私がどんな人なのか知ってもらえるし。

 

 

ぜひ、あなたも伝えることをたいせつにしてくださいね。
もしあなたが、目標や目的があってブログをしているなら、書くことをたいせつにしてくださいね。

 

 

下心満載男は、どこの世界にもいるし、どこの世界でも、俺が中心の発信で、俺しかいません
自分以外、誰も愛せないし、誰も幸せにしようと思ってないし、できるチカラがない。
チカラがないと気づいたとき、頑張ろうとしたら一緒にいてもいいかもぐらいです。

 

 

目に見えるモノでしか観れない、薄っぺらくて安くて浅い人間は、自分の欲と感情を最優先の行動や言動を表してくれます。
行動もたいしたことないです。
恋愛では、あなたのことを知るよりも俺の自慢話しを聴かせたり、自撮りや自慢できる写メを送ってきたり。
ビジネスでは、お相手を業者扱いしたり、強い立場扱いを求めてきたり、契約関係の一切をあやふやにしたり。

 

 

あなたは、どんな男性に出会いたい?
私は、権力や圧を振りかざす人に、凛とした態度や姿勢や意見を言える男性。
弱い人に手や心を差し伸べられる行動を取れる心強くて心優しい男性。
そして、私を大興奮させて成長させてくれる男性です。

 

 

だから、私より身長が低くても、一般的にブサイクでも、まったく気になりません。
しかも、このような男性の人柄は、収入に反映されているので、男性の年収を条件にするなんて不要だし。
(年収を嘘ついてる人もカンタンに見破れるよ。)

 

 

●参考記事。

一流と三流を見分ける方法は、結構・・・、かなり・・・、簡単だったりする。

 

 

いいか?
下心満載男は、言動も行動も、すべて、俺だけが得をすればいい、俺が損しないでいられるには、という軸ですべてを動かそうとするから。
しかも、手軽な口先と手先で。

 

 

 

だから、ほとんど、上下関係でしか観れなくて、上に居ようとする。
払い方も口先も手先も、ほとんどが、ケチで、イタくて、雑で、だらしないです。

 

 

そして、すべての持続力・持久力を持ってません。

 

 

 

 

人は、今いるステージで出会い、そのステージの幸せを手に入れるのです。
一流の男性に出会いたいからと、街コンに行ってるのも、違う気がするわいね。
街コンでは、どんな男性に出会えるのよ??
偏見や決めつけじゃなく、ちゃんと研究しなさいってこと。

 

 

そして、一流と出会いたいなら、あなたがたいせつにしていることを伝えて、共感して、共有してたいせつにしてもらえるように行動し続けること。無理なら理由を添えて断わること。

 

 

もし、今、目の前の男性に違和感を感じたら、黙って観察していればいい。
時間が味方になってくれて、ほんの少し経てば、すべてが観えるから。
どうしても離れてもらえなかったら、伝えること。
席を空けることで、座ってくれる男性と出会える法則だから。

 

 

ね、どんな行動をしてる?
その行動を見極められるあなたも在り方を持ってる?
一流は、その〝あなた〟を観てるよ。

 

 

 

 

 

 

 

気づいている読者の方もいらっしゃるようですが、先日より、シークレットブログを公開しています。
カテゴリーから読めます。
ただし、私は考えた上でパスワードを解除しているので、ご希望は一切受け付けておりません。