ちゃんと狙えば、ちゃんと手に入るよ!って話し。

 

 

アラフォーからモテる女になる方法をお届けしています、平野あきです。

 

 

本日の写真は、かっこよく観せるため、がっつり加工しました。んふふ。

 

 

先日、リッツ・カールトン大阪に行ってきました。

 

 

私は、ジュニア・スウィートルームのソファの硬さが大好き。

 

 

毎日、大好きな仕事をしていても、好きなことで過ごしていても、成長したくなる病になって、吸収したくなっちゃうことがあります。

 

 

急に、リッツ・カールトンを吸収したくなって。
会社員時代だと予定やお金を調整してたけど、起業してからは行きたくなったらかなりの早さで叶うようになりました。

 

 

今回、滞在中にビジネスの予定がありました。
それは、オンライン・コンサルティング。

 

 

オンライン・コンサルティングって、こんな感じです。

 

 

私は、基本的に ipadで Zoomを使用しています。
便利なツールが多くなって、すぐつながることができるから自由度がさらに増しますね。

 

 

しかも、32階から観える大阪の景色や滞在している部屋やリッツのおもてなしを味わうと感性が研ぎ澄まされるだけでなく新しい五感が生まれるのでコンサルティングで提供する内容もどんどん上がります。

 

 

だから、クライアントの売上も上がる。

 

 

はい、みんな幸せ~

 

 

 

 

せっかく関西に足を運んだから、京都にある先祖のお墓参りにも寄り道してきました。
いくらロックでファンキーな私でも先祖のお墓参りはたいせつにしています。

あ、これは、建仁寺。
お気に入りのお寺のひとつ。
今回は、敷地内で「開運まつり」があったので・・・、もっと愛されるように、がっつり&ちゃんと御礼参拝してきた。

 

 

名古屋に戻ってから、Instagramに今回の旅行の写真を載せました。

 

 

でもね、ただ載せるだけじゃなく、ちゃんと狙ってます

 

 

で、この写真を載せたら、

 

狙った相手から、「いいね!」をいただきました。

 

 

誰からだと思う??

 

 

 

 

 

リッツ・カールトンの本部からです。

 

 

 

 

で。
小林美幸さんが、リッツ・カールトン東京に滞在してて。

 

 

あきサン、私も本部から欲しい!

 

 

いいよ。
いいよ。
任せとけ。

 

 

で、小林美幸、あっさり、手に入れました。
美幸さんのInstagramをチェックしてみて!

 

 

いやぁ、ホントにすごいですよねぇ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、私だよ?

 

 

でもサ、ここで終わっちゃいけねぇぜ?

 

 

アンケートに一本釣りの文章を綴ってみたの。

 

 

そしたら、かなり高価なプレゼントのご提案をいただきました。
※高価なプレゼントの中身が知りたい方は、シークレットブログの読者の方限定でお教えするので、LINE@で質問してきてね。

 

 

でも、お断りしました。
だって、自分のお金で滞在することが重要だから。

 

 

ちなみに、私がリッツ・カールトンを選ぶ理由は、日本のホテル業界だけじゃなく、異業種におもてなしを浸透させてくれたひとつだと思って感謝しているからです。
そして、私が20代のころから書籍を読み漁り、実体験し、本物のおもてなし、感謝・感動、責任など、たくさんの「本物」を教えてくれて、今もなお、私が迷ったとき、困ったとき、答えが私の中から溢れてくる、私を成長させてくれる相手だからです。

 

 

 

 

で、私のInstagramの「いいね!」を見てみた??

 

 

 

 

起業スタートダッシュ時期に決めた高い高い目標を手に入れた2018年。
だから、2018年末から、SNSのFacebookとInstagramを次のステージを見据えた運営にした。

 

 

で、起業3年目の2019年、さらに、「いいね!」がぐんと少なくなりました。
Facebookにいたっては、休止しています。
でも、集客は安定してできてるし。
今は、さらに次のステージへ移行を見据えた活動してます。

 

 

こんなに「いいね!」が少なくて、しかも、私は芸能人ではないしね、一般的な視点だと売れてないとか、生意気とかに映ったり、友達が少ないように映ります

 

 

だからこそ、できる戦略がある。
感情を操るってこと
もちろん、恋愛メソッドでも同じことが言えるよ。

 

 

感情を操ると、その人が観えるようになる。

 

 

感情を操るって、人の感情だけじゃないよ?
もちろん、己の感情もだよ?

 

 

そうすると、ちゃんとお会いする前にその人を知ることができる。
もちろん、ご依頼をお引き受けする前に、その人を知ることができる。
だから、どういう対応をすればいいのか戦略を立てられるの。

 

 

もちろん、恋愛でも通用するの。
だって、彼にあなたをどう観せるかって考えることが必要でしょ?

 

 

どんな女に観られたいの?

  • 重い女?
  • ネガティブな女?
  • すぐオマタ開いちゃう女?
  • 軽快で楽しい女?
  • 明るくてポジティブな女?
  • 話しや興味などの幅が広くて深い女?

 

 

 

「いいね!」の、

  • 数なのか
  • 誰からなのか

 

 

数であっても、
誰であったとしても、
#(タグ)や文章で釣る!という方法は同じなんだ。

 

 

違うのは、誰を狙っているかってこと。

 

 

 

 

そこには、どう観られたいかってことも観えるから。

 

 

 

 

たとえばね、結構、さかのぼって写真や記事、文章、#を拾うと、その人の狙ってるモノが観えてくる

 

 

たとえば、キラキラした華やかな世界やスポットライトを浴びたい人は、そういう写真を載せるし、文章だし、#だし。

 

 

たとえ、それが、他人の高層マンションを俺の自宅だよって匂わせるように載せてたとしても。

 

 

もちろん、平気です

 

 

 

 

だって、狙った相手にどう映りたいかが重要なんで
だって、狙った相手から何を手に入れたいかが重要なんで

 

 

 

 

でも、一流の男性たちも同じことを言うの。
でも、中身が違うんだよねぇ。
深みが違うんだよねぇ。

 

 

 

 

で、話しを戻して。
同じような情報を他のSNSで探す。
今回で言えば、自宅。

 

 

他のSNSでのその人の自宅の写真は、アパートっぽい壁や写真の角度で室内を見せていなかったり。

 

 

この方法は、車、時計、鞄など、見えるモノで拾えます。

 

 

つまり、その人が発信しているお金にまつわる情報をいくつか拾って、答え合わせをするだけで真実が知れるってことです。

 

 

たとえば、ビジネスなら、ちゃんとお会いする前にその人を知ることができる。
もちろん、ご依頼をお引き受けする前に、その人を知ることができる。
だから、どういう対応をすればいいのか戦略を立てられる。

 

 

恋愛でなら、たとえば、飲み会。
隣に並んだ男性に、

  • 名前なんていうの?
  • 住んでるとこどこ?
  • 血液型なに?
  • 何して働いてるの?
  • LINE交換しない?

 

 

ここで重要なのは、あなたをどう知りたいか、だから。

 

 

もし、あなたが、その男性を第一印象で、ムリ。って決めたとしたら、はい、あなたの負け

 

 

あなたがあなたの感情を優先にしたので、その男性が一流だったら、あなたがちゃんと観えてしまうのであなたを選びません。

 

 

あなたがあなたの感情を優先した時点で、フィルターがかかり、お相手の深いところまで知ることができなくなる。
これは、感情のしわざです。

 

 

だって、下心満載男だと、あなたのことを知りたいよりも、俺様に合う女か知りたいだけっていう軸で質問してくるから。
それ、あなたに見破れる??

 

 

「私のこと、大好きなんだ!だから、いっぱい知りたいんだ!」ってシッポ振って、ついてっちゃったら思うツボだからね。

 

 

 

 

ちなみに、私の話し。
昔、男性と私が実質的な距離があることを重要にしていました。←あ、今もかも。笑
たとえば、職場、自宅。

 

 

もちろん、恋愛がスタートしたばかりの時期は、性別関係なく、頑張れる。

 

 

そうじゃない。

  • 距離があるからこそ、彼のことを知ろうとする。
  • 距離があるからこそ、彼を支えたいと思える。
  • 距離があるからこそ、愛を育てたいと思える。

 

 

「彼も同じだったらいいなぁ」。

 

 

そして、お互いを想い合うスピードや環境が影響して、お互いが調子悪かったり、すれ違っちゃう時期があったとき、私自身の気持ちも冷静にできたり、行動に移せる。
そして、同じぐらい、お相手の男性の行動を観ること・知ることができるから。

 

 

たった、これだけだけど、私にとってはとても重要。

 

 

だから、ビジネスであろうとも、恋愛であろうとも、重要なのは、ちゃんと相手を知るということ。

  • この人とつながって、良いのか。
  • つながったら、どんな未来の何が観えるのか。

 

 

昔から、私は、旅に出たりすると、収入を拾える情報を身にまとっていなかった。

 

 

第一印象で判断されることを利用してるから

 

 

私が情報を身にまとわないと、目の前の人が私をどう扱うのかが観えるし、その人を知ることができるから

 

 

あ、もちろん、ビジネスのときは、お相手や内容によって、戦略のために身にまとうこともしますよ。
TPOとか、連れている私がどう映るかとか、支配や操作できることがあるのです。

 

 

等身大の私で良いときのお相手は、一流の方との時間。
たしかに身にまとうことはとても重要。

 

 

でも、外見以上に姿勢や在り方、食事の摂り方、作法、話す内容を観ているから、安心して情報を身にまとうことなくアピールできる時間でもある。

 

 

  • 誰を狙うか。
  • その狙った相手に何を伝えるか。
  • そして、どう伝えるか。

 

 

伝えたい人に伝わってると知れたら、あなたはどんな気持ちになるの?
そして、そのあとのあなたの行動も、簡単でしょ?

 

 

恋愛でも一緒なの。
相手に条件を設定した時点であなたがあなたの感情を優先したことになるから、あなたが選ばれるチャンスも減るってこと。

 

 

相手に求める条件ばかりを並べるってことは、あなたが男性に求めるってこと。

 

 

条件を1つでも決めた時点で、あなたが選ばれるチャンスが1つ減るということ。
理由はこちらの記事でも書いてあるよ。

 

●参考記事。

一流と三流を見分ける方法は、結構・・・、かなり・・・、簡単だったりする。

 

飲み会であろうとも、婚活での場であっても、ビジネスの場でもあっても、相手や第三者の悪口や相手をバカにする人、お客様のワードが全然出てこない人は、性別関係なく、うまくいくワケがない

 

 

  • 初めてのデートで奢ってもらえなかった
  • 初めてのデートのお店のセレクトが気に入らなかった
  • 初めてのデートで会話が楽しくなかった
  • 初めてのデートでエスコートがスムーズじゃなかった

 

 

初めてのデートで何を求めてんだよ

 

 

お姫様扱いして欲しいなら、
そういう情報をしっかり書いてない、伝えてない、あなたが間違ってるし。
そういう相手に出会える場を選んでない、やっぱり、あなたが間違ってるじゃん。

 

 

シンデレラのしたたかさが理解できるチカラがないなら、

  1. 勉強をする
  2. 勉強しなくていい相手を選べ

 

 

つまり、勉強せずにお相手を選んだなら、あなたが不平不満・悪口を言っているお相手は、今のあなた相応のお相手です。もしくは、あなたのほうが下。

 

 

道を歩いていてナンパされたことを喜んで言ってる女もそう。
職場で派遣社員に手を出してる男もそう。

 

 

選ばれたいなら、お相手をちゃんと決めること。
そして、狙えるようにちゃんと勉強すること。努力すること。
そして、狙ったお相手にちゃんと狙ってもらえるように成長し続けること。
お相手のことを知ること。
そのためには、まず、己を知ること。

 

 

ただモテたい。
なら、ただ、笑顔で居て、お相手の話しをウンウンって聴いていればモテるわよ。

 

 

「この女性は、僕の話しを聴いてくれる!僕のこと好きなのかな!」って思ってもらえるから。

 

 

ただ、同じ「お相手の話しを聴いてる」のに、私はどうしてモテるんだろうか。

 

●参考記事。

他の道を選べない「決断」は、一番、ラク。

 

ちゃんと、誰にどうモテたいかって決めてるのか、なんだ。

 

 

恋愛も、ビジネスも同じだよ。

 

 

 

 

さきほどお届けしたのは、表の顔の記事。
こんなにロックでファンキーを出さずに書くから、2,000文字程度よ。笑

他の道を選べない「決断」は、一番、ラク。

普段、裏の顔のこちらでは、5,000文字だの、12,000文字だのって書いてるからサ。
両方の読者は、ズコーーーーッってなったって。笑
ロックでファンキーだよね、感情や行動って。

 

 

ちなみに、本日の記事は、5,000文字よ。

 

 

んふふ。
また、更新するように頑張ります。

 

 

ちゃんと狙って。
もちろん、相談する相手も狙って。
隣の女友達に相談してもいいけど、経験や年齢じゃないからね。
どれだけ男性の思考や行動を理解できて、どうモテてるかってことだから。

 

 

・・・あ、私のことって想像させちゃった?? 笑

 

 

 

追伸
一見さんお断りの高級なお鮨を食べに行ってきました。
こういうときに写真を撮っている人が周囲にいないから感情が乱れない。
目の前の方の話しに心を遣えて、たくさん聴けて、すごく心地いい。
環境ってとてもたいせつね。

 

 

 

追伸の追伸
高級なお鮨でも、ツナ巻きは必須ですが、相当な時間が必要です。←何ノ報告デスカ?

 

 

 

今週末は、応援したいと思わせてくれるひとり、小林美幸さんのお願いで顧客様との交流会にゲストとして参加いたします。
私が応援したい人を応援できる環境があるのは幸せです。