「恋愛対象」になるために必要なこと。

 

好きな人の恋愛対象になりたい。

好きな人に振り向いてもらいたい。

好きな人に私を知ってもらいたい。

 

 

それ、コントロールしなきゃ。

って・・・。できないもん。

好きな気持ちは抑えられない。

 

 

抑えなくてもいいんだな~、ホントはね。

好きな気持ちを受け入れて、じゃあ、どうするか?

情熱的に冷静に考える隙間を作ること。

 

 

好きな気持ちだけで突っ走ってしまうと、相手の気持ちや状況を置き去りにしてしまうことになりかねない。

最初の頃は、好きじゃなくても好意を示してくれる相手には優しくしてくれる。

 

 

・・・と、したら?

相手の気持ちや状況に配慮をしないと、LINEだけでなく、メールなどSNSを通して、相手に「ナシだわ。」って判断されちゃったとしたら?

 

 

お話しにならなくなっちゃう。

つまり、好きな人と手を繋いで恋愛道を歩めないということ。

 

 

 

好意があったとしても、それは恋愛感情が生まれる前に「人として判断されてる」んです。「人としてナシ!」って宣告されたってことです。

 

 

これって、実は、性別関係なくって。

 

 

 

好きな気持ちが先行してしまうと性別関係なく、

 

自分の話しばかりしちゃうものなの。

 

人のプライバシーにずかずか入ってきたり、ズケズケ自分の話しばかりする。質問したかと思ったら、てめぇのエゴの塊の質問ばかりしちゃうことになってしまう。

 

 

俺に興味が無いのかな?

つまり、良質な質問ができない

 

別に俺じゃなくてもいいじゃん。

つまり、良質な人間関係が築けない

 

 

 

そんなこと恋愛対象じゃない「人として」で見えちゃう。

 

 

かっこ悪い。魅力ナシ。やばい、関わりたくない。

 

 

第一印象を「容姿」で見るのか、一緒に過ごしている時間で「じわじわ好意を抱く」のか。

 

そんなことは、ひとそれぞれ。

 

好意や興味が湧き始めてたとしても、自分のことばかり、ベラベラしゃべる人に、「人として魅力」感じないなら、「一目惚れも消え失せる」だろうし、「好意すら抱かない」だろう。

 

 

 

例えば、

 

「たばこいいですか?」

 

イヤでも、OKでもないの・・・

 

料理人が心を込めて作ってる料理を楽しみたいの。
味覚、視覚、空間、時間を楽しみたいの。

 

そう思ってたとしたら?

 

 

今後もたばこ吸う人と一緒に食事することは・・・

 

 

離席して外で吸って戻ってくるマナー持ってるよ?

 

 

ううん、違うの。服にニオイがついていることも気づかないじゃん・・・

 

 

たばこだけじゃない。香水とかも・・・

 

 

あなたがどう感じてて、何を大切にしたいのか。

 

 

男性に気づいて欲しいのにね。

 

 

つまり、エゴを突っ走ってるだけで、一緒に居る人を楽しませられない。

 

 

相手に好意を持ってもらいたいなら男性思考を学び、実行し、失敗し、復習。

 

 

「恋愛経験が豊富」は、決して恋愛上手ではない。

 

 

好きな人に愛されている人が恋愛上手。

 

 

男性を「信じる」のではない「知る」んです。

 

 

相手の分析・研究をし、男性に対する知識の量がハンパなく、自分自身の気持ちやあり方を整えていて心からの優しさを持っているかがモノをいうのです。

 

 

恋愛に限らず経験ではない。失敗をしない方法を身につけて、「自分の恋愛が好きな相手とできているか」である。

 

 

LINEやメールという活字で伝わる心のこもった文章をしたためれる人がモテる。

 

 

電話で優しい声と言葉をかけられる人がモテる。

 

 

浮気心や別れがよぎっても「コイツが一番オレこと分かってんだよね」って思わせることができていればいいのです。

 

 

だから、いちいち確認することも不要になる。

 

 

相手の行動で見えてくるモノだから。

 

 

男性の行動は「本心」のまま。

 

 

関連しているブログはこちらです。
選ばれない女

 

 

モテる人は、相手の年齢に尊敬したり尊厳している。

 

 

そんな人が男性であろうと女性であろうと、人として尊敬できて、ドキドキしちゃいません?うふふ^^